パーソナルトレーニングは個人トレーナーにもお願いできる(福岡編)

どうもPrivate Gym 88代表の馬場です。

今回はパーソナルトレーニングは様々な受け方があり、その中でも個人のパーソナルトレーナーにお願いする方法とメリット・デメリットをご紹介していきます。

あなたはパーソナルトレーニングは専門のジムに行って受けるものだと思っていませんか?そして20万~30万の高額な会費を払ってローンを組まないと通えないと思っていませんか?
実はライザップをはじめ、様々なパーソナルトレーニングジムが存在していますがトレーナー自体は個人でクライアントを持ち活動しているというパターンがあるのをご存知でしょうか?

実は私も2店舗を経営するパーソナルトレーニングジムのオーナーですが、それ以外にもクライアントを他の施設で持っています。
このようにパーソナルトレーニングといっても様々な形がある事を今回はご紹介していきます。
福岡でトレーナーとして10年以上活動してきた私が、現場を見てきたことや今の時代に合った方法をご紹介していきます。

こんな人におすすめ

パーソナルトレーニングを受けたい人

なるべく費用をかけたくない人

1度体験してみたい人

運動経験が無く、不安な人

パーソナルトレーナーの雇用形態

握手をする男性2人

業務委託契約

この雇用形態は正確には事業主と雇用関係にはなっておらず、働いているパーソナルトレーナーは個人事業主として基本的には成果報酬型の契約となっています。
中には会社に勤めながら副業としてパーソナルトレーニングを教えている、パーソナルトレーナーも数多くいます。
いわゆるフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動している方々です。私もそんなフリーランスのパーソナルトレーナーとして福岡の3つの拠点で活動しています。
インスタなどで見かけるトレーナーの大半はこのような形態で事業としてパーソナルトレーニングを提供しています。

タイトルの個人トレーナーの事は、基本的にはこの個人事業主のトレーナーの事を指します。

会社員のパーソナルトレーナー

このパーソナルトレーナーはジムや施設の正社員としてパーソナルトレーニングを提供しています。ですので会社から給料をもらっている形のパーソナルトレーナーです。もちろん所属している会社の中でトレーニングを提供します。ですが基本的にはこの会社員のパーソナルトレーナーは、クライアントの引き抜きなどの懸念から外部での活動が制限されている場合が多く、ほとんどが個人事業主では活動できません。
あくまでもジムのスタッフとして働いるといった感じになります。

バイトのパーソナルトレーナー

この形態はパーソナルトレーニングジムにバイトとして働いているスタッフの事です。日本の法律上、正社員であろうがバイトであろうが雇用になり保険等も加入義務が生じます。この形態も外部での活動は制限されており、フリーランスのパーソナルトレーナーほどの宣伝やSNSでの活動はできないのが現状です。

パーソナルトレーニングの受け方

スマートフォンを持っている男性

ここではパーソナルトレーニングを受けてみたいけど、どのような頼み方があるのかをご紹介していきます。
いくつかの方法があるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポーツクラブに入会

大手のスポーツクラブには、大抵スタッフか業務委託でのパーソナルトレーナーが在籍しています。スポーツクラブなので月会費は1万円程度で、オプションでパーソナルトレーニングを受けられるところがほとんどです。設備、お風呂、プールなどのハード面はかなり充実しており店内もきれいな施設が多いです。
しかし、基本的にはパーソナルトレーニングを行う際には他の利用者の目も当然あります。マンツーマンですが完全個室ではないので人目が気になったり、女性の方は敬遠する傾向があります。
プライベートジムではないので使いたい器具がすぐに使えないなどのデメリットもあります。

パーソナルトレーニングジムに入会

これはシンプルにパーソナルトレーニングジム専門のところに入会して、トレーニングを受ける方法です。
入会金5万、会費2か月で20万~といった以前からある形態のジムです。やはり高額になっているところが多く、一般の方は少なく経営者の方や富裕層相手のビジネスモデルですので、高額な価格設定になっております。

フリーランスのトレーナーに頼む

最後に私のようなフリーランスのパーソナルトレーナーにお願いする方法です。最近では多くのフリーランスのパーソナルトレーナーが存在しており、そのタイプも様々です。女性専用、ダイエット専用トレーナーなど多岐にわたります。一概にパーソナルトレーナーといっても細かく得意な分野が分かれている事が多く、差別化という意味でも肩書をたくさん持つトレーナーも存在します。

個人トレーナーへの連絡方法

CONTACTの文字の書いた積み木

さてここからが本題です。
個人とレーナーにどのようにして連絡を取ればいいのか?また、どのようにどの場所に行けばパーソナルトレーニングを受けられるのか?などを細かく解説していきます。

マッチングサイト経由での依頼

最近ではパーソナルトレーナーと個人のお客様をマッチングさせるWEBサービスも多数あります。ここでは上げませんが例えばGoogle検索で”パーソナルトレーナー 福岡”などで検索するとトレーナー仲介サイトが出て来ますのでそちらの方から自分に合いそうなトレーナーにお願いするといった方法です。

ネット上にアカウントなり発信をしているトレーナーならこういった仲介サイトからの連絡は絶えず届いているはずなので、お近くの地域のトレーナーは簡単に見つかります。
私は登録していませんが、何度か福岡でも連絡が来ていますので今後も登録するトレーナーの数は増えていくと思います。

SNS,YOUTUBEでDM

基本的には個人のフリーランスのパーソナルトレーナーはSNS、YouTubeをされている方が多く検索すればすぐにヒットする可能性があります。大半のトレーナーはここで集客していますので、直接DMを送ってみる事をおすすめします。
特にInstagramは情報発信しているトレーナーが多く、過去の投稿や写真などを見て決める事が出来る為多くに方が直接やり取りをするのが普通になっています。
またYouTube等の概要欄にメールアドレスが書いてある場合がほとんどなので、そこから連絡を取り合う事が出来るのでメールで問い合わせしてみるといいでしょう。
ここで注意点ですが、YouTube等やSNSで何万人もフォロワーがいるような方はDMを送っても返事は帰ってこない可能性が高いですので、あまり期待はしない方が良いでしょう。

個人トレーナーのメリット

個人事業主のフリーランスのパーソナルトレーナーにお願いするメリットの1つに、その人がどんな人なのかが分かりやすいといった特徴があります。
そして、大半の方がお客様のトレーニング風景や自分の強みをアピールしている場合がほとんどなので、自分に合った指導をしてくれる可能性が高いです。
またこの仕事自体がマンツーマンなので相性が大きく左右されます。雰囲気やルックスも事前に確認できるので安心して受けられるというメリットがあります。
そして地域(福岡)などで活動しているトレーナーを見つやすいといったメリットもあります。

個人トレーナーのデメリット

上にも書いていますが個人トレーナーで人気の方は、ほとんどが新規を受けられるほどの時間の余裕がなく連絡をしてもかえって来ない場合も多いでしょう。
また人気トレーナーは、1本当たりの単価を上げていく傾向がありどうしても割高になってしまう事が予想されます。以上の点が私の考える、デメリットかなと思います。

指導を受ける場所

基本的にはフリーランスのパーソナルトレーナーにお願いする場合は、レンタルジムでの活動が主な運動場所になります。時間貸しでジムをレンタルしその中で運動を行っていきます。
このような場所で受けると、レンタル料金はかかるかもしれませんが月会費といったものは発生せずに1回の払いきりになる場合が多いでしょう。
1回あたりの単価は福岡であれば、1時間6,000円からといったところが相場の金額になってきます。ここにトレーナーによってはレンタル代がかかってくる場合があります。

まとめ

今回は福岡でパーソナルトレーニングを受けられる個人トレーナーの頼み方や、トレーナーの探し方メリット・デメリットについて解説していきました。
最近では私の方にもDMで依頼や知人からの紹介などでお客様からのご連絡がある事がありますので、そんなに珍しい事ではないのかなと思っています。
福岡で活動しているパーソナルトレーナーで全国的に知られている方も、数少ないのでDMの返信率もいいと思います。それではまた...

プライベートジム88ロゴ

定額制・通い放題
【Private Gym 88】

福岡市城南区鳥飼に2020年11月にオープンした定額制通い放題のパーソナルトレーニングジム
今まで高額だったパーソナルトレーニングが月額28,000円で毎日受け放題。追加料金一切無しで結果が出るまで専属トレーナーがサポートします。無料体験・見学はHPよりお問い合わせ下さい。
https://privategym88.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA