運動で人々を幸せに

「今までのパーソナルトレーニングは高すぎる」
このコンセプトをもとにPrivate Gym88はスタートしました。
フィットネスを取り巻く環境や物事が目まぐるしく変化していく中で、人々の健康や体型の悩みに対してあまりにもパーソナルトレーニング業界というものは、敷居が高く一部の高所得者向けのサービスに偏っていると感じます。

高齢者が増加する日本で運動を一般の方にも提供できるはずの、パーソナルトレーニング業界が高額なサービスになっていること自体が、時代の流れとは逆境していると思います。
高齢化社会、医療費問題など健康産業であるフィトネス業界に携わるものとして、より多くの方に健康に人生を過ごして頂きたいという想いで私はトレーナーという職業を選択しました。

しかし現状では日本のフィットネス人口は全人口の3%にとどまり、運動を継続して行っていない方の方が大半を占めています。
健康問題や身体の悩みを抱えている方も多く、未だにダイエット産業やサプリメント産業は成長しています。ですが本来は運動の継続が出来れば人々は健康になり、より良い生活を送る事が出来ます。

フィットネス人口が増加しない要因としては、既存のビジネスモデルである会員制度や会費制にあります。
大手フィットネスクラブでは、約半数以上が会費だけを毎月払って、実際には運動していないといった事が当たり前になっています。スポーツクラブにトレーナーは常駐しておらず、器具の使い方すらわからないままそのまま運動を辞めていく方がほとんどです。
健康産業と聞こえは良いですが実態は健康とは程遠いものになっています。またパーソナルトレーニング業界も同じで、会費が高額な為に一部の方しかサービスを受けられません。これでは健康産業と言われること自体に疑問符が残ります。

多くの方に運動することで、より良い生活や健康的な習慣を身につけて頂きたいと考えPrivate Gym88を創業しました。その場しのぎのダイエットや短期間でマイナスOOkgをといった他のパーソナルトレーニングジムとは違い、運動習慣や食生活など日常での過ごし方を少しでも良いほうに導けるように、継続可能な料金設定と通い放題といったサービスをご提供いたします。人々が運動によって幸せになる事を願い尽力してまいります。

Private Gym88 代表
馬場 源太郎