白米の代替食品マンナンライス

こんにちは😄
夏も終盤に差し掛かってきましたね。夏の思い出は何かできましたか❓
自分は海に日焼けに行くという毎年恒例行事を現在進行形で行っております。まだまだ暑い日が続くと思いますので熱中症にならないように注意してください。
カロリー制限中に気軽に食べられる白米の代替え食品を紹介していきます。

〜今日のトピック〜


○なぜカロリー低いの?
○おいしいの?
○白米との比較
○こんにゃくは体に良いのか!!

○なぜカロリー低いのか?


マンナンライスはこんにゃく精粉を原材料に作られた「マンナンヒカリ」と通常のご飯を混ぜています。「マンナンヒカリ」はコンニャク由来なのでカロリーを抑えることができます。また、コンニャクの主成分である「グルコマンナン」は食物繊維なので消化吸収されず消化管の中で水を含んで膨らむので満腹感も出やすいです。

○おいしいの?


自分が食べた感想では美味しかったです。もちろん白米に比べると食感や風味に劣るところがありますが美味しく食べることができます。
味に関しては自分は味音痴なのであまり信用しないでください😂
実際の商品はこちらです⬇️



と言うことでAmazonレビューを覗いてみました。
総合的にポジティブなレビューが多い印象です。ポジティブなレビューの方の中でも「柔らかいけど〜」と付けてる方が多かったので柔らかいご飯が苦手な方は満足できないかもしれません。ちなみに自分も白米は硬い派ですが許容範囲でした。

○白米との比較


白米との比較(150g当たり)
『白米』
タンパク質3.75g
脂質 0.45g
炭水化物 55.6g
カロリー 252kcal
食物繊維 0.45g


『マンナンライス』
タンパク質1.3g
脂質 0.3g
炭水化物 38.1g
カロリー 143kcal
食物繊維 4.7g


マンナンライスの方が約100kcalほどカロリーを抑えることができます。特に、カロリーを落としてダイエットしている人にとっては大きな100kcalですね笑
カロリーの他にもマンナンライスは食物繊維も10倍ほどで多いです。そのため、ダイエット中に起こりがちな便秘の改善の役に立つと思います。

○マンナンライスは体に良いのか!!

マンナンライスの原材料として使われるこんにゃくは昔から「胃のほうき」と言われることがあります。食物繊維が豊富なので便通が良くなることなどがそう言われる所以だと思います。
また、食物繊維効果で血糖値の急激な上昇も抑えることもできます。栄養素的にはこれが特出して多いとかはないですが「腸を整る」と言う意味では身体にはいいかと思います。

しかし、企業努力によってコンニャクの独特の臭みや色を無くして米に近づける加工をする過程で添加物なども使われている加工食品になります。なので、個人的にはずっと食べ続けるものではないかなとも思います。
あくまで、ダイエット中の代替え食品として短期的に取り入れる方が良いかなと思います。


今回は、白米の代替食品を紹介していきました。次回は、実際に自分が減量中に食べている1日のご飯紹介をしていきます😄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA